生理周期・出血量の異常の原因・改善

生理周期・出血量の異常は、生理周期が短い頻発月経と、出血量が少ない過少月経があります。

頻発月経も過少月経も考えられる原因は、女性ホルモンの乱れです。
ですので、改善するには女性ホルモンの乱れを解消しなければならないのですが、その方法は同じではありません。

頻発月経の場合、病院へ通院する前に基礎体温をつけることから始めます。
無排卵月経を起こしている場合があるので、基礎体温をつけて排卵があるかどうかをチェックするのです。
そうして原因や排卵の有無がわかったところで、ホルモン剤の投与や排卵を誘発させるための治療を開始します。

また、頻発月経の場合は、月経の回数が多いので自然出血量も多くなり、貧血になりがちです。
普段から気をつけて鉄分を多く含む食事を取りましょう。

過少月経の場合は、子宮内膜が充分に厚くなっていないため、経血の量が少なく生理の期間が短くなっています。
ですので、子宮内膜が充分な厚さを取り戻せるよう、女性ホルモンの中の黄体ホルモンや卵胞ホルモンを投与したり、体質改善を目指して漢方薬を使用したり、排卵を薬で誘発させたりします。
そのまま放置してしまうと妊娠が難しくなってしまう事があるので、できるだけ早く病院へ受診しましょう。

以上の事に気をつけて、病院へ行く前は自分の生理の状態をメモに記入して、お医者さんにしっかり話して、早いうちに治療してしまいましょう。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ