不正出血の原因・改善

不正出血の原因の多くは病気の場合です。
ですので、不正出血を改善するには病院で不正出血の原因を調べ、適切な治療をしてもらう事になります。

しかし、不正出血にも病院へ行かなくても大丈夫なものもあります。
それは生理前の出血、月経前出血です。

月経前出血とは、名前のとおり月経の前にする出血で、多くの場合生理前1週間前後から生理前2~3日に出血するもの。
この出血の原因は、女性ホルモンである黄体ホルモンのバランスの崩れから、子宮内膜が剥がれて落ちることで出血してしまうのです。

この場合、出血が少量で期間が短かければ心配はいりません。
ただ、月経前出血の原因となる黄体ホルモンはストレスや疲れなどで分泌量が増加・減少してしまうので、月経前出血が起こるという事は、ストレスや体の疲れがあるという事なのです。

ですので、体のサインをしっかり受け止めて、疲労回復やストレス解消に努めましょう。
そうすることで、病気が原因でない不正な出血は、自然となくなっていきます。

ただ、出血が頻繁だったり出血がなくならず、量が少なくない場合は、自分で原因を判断するのは危険です。
少しでも心配なことがあれば、できるだけ早く病院へ行き、お医者さんの診察を受けてくださいね。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ