おりものの異常の原因・改善

おりものの異常は、『原因がトリコモナス膣炎とされる黄色~緑色で臭い・状態がおかしいおりもの』と『原因がカンジダ膣炎とされる白くパサパサしているおりもの』です。
両方とも性感染症ですので、症状の改善には病院へ行き適切な治療をしてもらわないといけません。

しかし、症状の改善方法をお話する前に、一つ言っておかなければならない事があります。
それは『トリコモナス膣炎・カンジダ膣炎両方とも性行為でしか感染しないものではない』という事です。
トリコモナス膣炎の原因とされるトリコモナス原虫は、水のある場所では宿主から離れて活動する事ができますので、例えばプール、温泉、トイレなどから感染する事もあるのです。

もう一つのカンジダ膣炎もそうです。
カンジダ膣炎の原因とされるカンジダ菌は口や肺、気管支など体のいろいろな所に寄生して生息しているものですので、普段は体の免疫機能が働きカンジダ菌が原因とされる炎症を起こすことはないのです。
しかし、病気や疲れなどで体が弱っている時は、体の免疫機能がうまく働かず、カンジダ菌が暴れだし炎症などの症状を起こしてしまうのです。
ですので、両方とも疑わしい性行為がなくとも、感染して症状が出る可能性は充分ありますので、症状が出たら迷わず病院へ行って下さい。

トリコモナス膣炎の改善には、病院でフラジール錠と呼ばれる内服薬を処方されるのが一般的です。
ただ、まれに膣内に錠剤を入れて治療効果を高めたり、患部に塗るための塗り薬が処方される場合もありますので、そのあたりはお医者さんの指示に従って下さい。

カンジダ膣炎の改善方法は、膣錠を膣内に入れて、他の患部には塗り薬を処方されるのが一般的です。

両方とも薬の使用期間が少し長いですが、きちんと決められた日数薬を使用しないと再発してしまう場合もありますし、特にトリコモナス膣炎は完治しないまま放置してしまうと、不妊症の原因になってしまう可能性がありますので、きちんと薬を使用して完治させて下さいね。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ