入院日数はどれくらい?

手術をする場合、仕事を持っている方はお休みを取らなければなりませんし、家族がいる方は自分がいない間のことをしっかり話し合わなければならないので、どのくらい家を空けるのか把握していないといけません。

入院期間は病状や手術方式によっても違いますので、ここでは行う手術方式での入院期間を簡単にお話します。

まず、開腹手術ですが、病状や手術後の経過にもよりますが、大体2週間から長くて3週間ぐらいです。
ただ、開腹手術はお腹を開けるので、退院したらすぐに手術前の生活に戻れるかといえばそうではありません。
退院後もしばらく安静な生活を送る必要があります。

次は、腹腔鏡手術です。
腹腔鏡手術は開腹手術より負担が少なく、入院期間も短くすむのが特徴です。
院期間は、大体1週間前後です。
腹腔鏡手術は小さな穴を数箇所、お腹に開けてそこから特殊な器具を使い手術を行うものですので、開腹手術より負担が少なくなります。
しかし、それでもやはり退院後1週間は、安静にしておくのが鉄則です。

最後は、膣式手術です。
膣式手術は、膣から手術を行う手術で、開腹手術・腹腔鏡手術のようにお腹に傷が残らない手術になります。
膣式手術の入院期間は大体2週間前後ですが、やはり予後はしっかり休息を取らなければなりません。
また、膣式手術は膣内の手術操作が難しいため、実施している病院が少なく、また膣内で手術操作をするため、この手術ができるのは経産婦が主になります。

入院期間は手術後の回復度合いによっても変わってきますので、はじめに担当医に言われた期間より多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ