手術になる場合

婦人科へ診察を受けに行き、自分の体の状態があまり良くないとわかった場合、手術を勧められる事もあります。
手術は言葉を聞いただけでなんだか不安になりますし、怖いと思って当たり前ですよね。

ですが、手術をするのは今の状態を改善するためですの。
改善する見込みがあるのなら、あなたの周りの人たちの為にも怖がらないで受けるべきです。

そこで、今回は検査の結果、手術になった場合のお話です。
これは病気別のお話になりますので、まずは子宮内膜症で手術になった場合のお話から始めます。

子宮内膜症で手術になる場合は、薬物療法では改善が難しい場合や子宮や卵巣、卵管や腸管などに癒着が予想される病状の場合が多いです。
手術方法としては開腹手術・腹腔鏡手術の2パターンがあり、病状や希望条件によって手術方法が変わります。

次に、子宮筋腫です。
子宮筋腫で手術を勧められる場合は、大きく分けて、

・筋腫が大きくなり子宮の大きさにも変化がある場合
・筋腫が小さくても強い症状がある場合
・筋腫が原因とされる不妊症が認められる場合

の3つになります。

手術法は主に開腹手術・腹腔鏡手術・膣式手術の3種類があり、病状や子宮を温存させるか、子宮を摘出するか等の希望により手術方法が変わります。

次は子宮頸がん・子宮内膜がんです。
この二つの場合、手術を勧められるのはがんの部分、異形成された細胞部分が多く、広範囲に浸潤している場合になります。
二つとも手術方法としては、開腹手術が主ですが、最近は腹腔鏡手術を行っている病院も増えているようです。

最後は子宮奇形です。
子宮奇形の場合、手術を勧められるのは、主に子宮奇形が原因とされる不妊症や不育症・流産・早産を起こしてしまっている場合・子宮奇形が原因とされる下腹部痛や月経痛がある場合、の2パターンになります。
手術方法は、開腹手術や腹腔鏡手術が主となります。

以上が手術になる場合とその手術方法でした。
手術を選ぶ際は、予後をどうしたいのか、妊娠・出産を希望しているのかなどの希望をしっかり担当医と話し合って、後悔しない方法を選んで下さい。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ