子宮内膜症

前の項で子宮の大事さや働きのお話をしましたが、今回は子宮の病気についてのお話です。
その中でも特に罹っている方が多く、名前も知られている『子宮内膜症』についてからお話していきます。

子宮内膜症は女性の生理と深く関係していますので、子宮内膜症のお話の前にまず生理の仕組みのお話しから始めます。
女性の生理とはまず左右どちらかの卵巣で、卵胞と呼ばれる赤ちゃんのもとのようなものが作られる事から始まります。
その卵胞は妊娠をするためのものになりますので、卵胞が作られ始めると受精した際に子宮体部に卵子が着床できるよう子宮内膜が厚くなりはじめます。

しかし、卵胞から排卵した卵子が受精せず、消滅してしまうとそれまで着床の準備の為に厚くなっていた子宮内膜も必要なくなり、剥がれ落ちていきます。
その剥がれ落ちた子宮内膜が生理の際の経血で、剥がれ落ちる期間のことを生理と言います。

ここまでを基本に、次は子宮内膜症のお話です。
上記の通り、子宮内膜とは子宮体部にあり受精した卵子を着床させるためのものですが、この子宮内膜が子宮以外の場所、例えば卵巣や卵管、子宮の外側に生育する場合があり、その場合でも毎月の生理のように内膜が肥大し、やがて剥がれ落ちるという事を繰り返します。
この時の状態が内出血のようなものになりますので、子宮内膜が生育した部分に痛みが症状として現れ、この現象を子宮内膜症といいます。

では、なぜ子宮内膜症が起こるのでしょうか?
これには、はっきりとした原因がないので原因を防ぎ子宮内膜症になりにくくする、というのは難しいです。

しかし、最近の学説では生理のあるほとんどの女性は子宮内膜症の予備軍であり、普段は子宮内膜症を発症しないように生体調節システムが働いているが、これがいろいろな要因によって破綻してしまった女性が 子宮内膜症を発症してしまうというものがあります。
この学説によると生体調節システムの破綻原因として、ストレスや化学物質が体内に残存する事の影響、生理回数の増加、また遺伝子の異変などが挙げられていますので、気になる方はまずストレスの解消や体内のデトックスから始めてみてはいかがでしょうか?
ストレス解消も体内のデトックスも子宮内膜症を予防するためだけでなく、健康を維持するのにとても大事な事ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ