おりものの異常

子宮の病気の中に、おりものに異常が出る病気はあります。

まず、正常なおりものですが、生理期ではない普通の時に出るおりものは、透明~乳白色で少し粘り気があるものになります。
量は個人差もありますが多くはなく、ショーツに少しつく時があるくらいのものです。

生理期には女性ホルモンの影響で状態が変わり、生理直後のおりものは透明でさらさらした水状のもの、排卵期のおりものは透明で水状になり、粘度が高く糸をひくようなもの、そして排卵後は白~うす黄色で粘度の高いおりものになります。
このようにおりものは、女性ホルモンの影響をとても受けるので、生理期でもそれ以外でも、いつも同じおりものという訳ではなく体調によっても変化します。

しかし、正常なおりものと、異常なおりものの違いははっきりしていて、例えば色が薄緑や黄色が強い色だったり、白くパサパサしていたり、臭いが強く変な臭いがしたり、おりものが泡だっていたりします。
このようなおりものは、あきらかに通常のおりものとは違い、何らかの体の異変を表しています。

では、そういったおりものの原因ですが、色が薄緑や黄色で臭いが変で、泡だっていたりするとトリコモナス膣炎という性感染症の疑いが強いです。
そして、白くパサパサしているおりものの場合は、カンジダ膣炎の疑いが強いです。

両方とも感染症ですし、不快な症状がありますので、できるだけ早いうちに婦人科で診察を受けてくださいね。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ