子宮体がんの予防とセルフチェック

子宮内膜がんの予防のためには、エストロゲンという子宮内膜を厚くする女性ホルモンの働きを減少させることが有効だと考えられています。

では、そのエストロゲンの働きを減少させるにはどうしたらいいのでしょうか?

それにはまず、今の体の状態が閉経後なのか、それとも閉経前なのかが重要になってきます。
閉経後の女性ですと、子宮内膜を厚くするエストロゲン、厚くなった子宮内膜を分泌期内膜に変化させるプロゲステロンの両方が卵巣から分泌されなくなります。
しかし、まれに閉経後の女性でもエストロゲンが分泌され続け、子宮内膜増殖症になり、子宮内膜がんを発症することがあるのですが、その場合、エストロゲンは脂肪細胞から製造されていることがわかりました。
ですので、閉経後の女性が子宮内膜がんを予防するには脂肪細胞を溜めすぎない、肥満にならない事が大事になります。

閉経前の生理のある女性の場合、生理のある女性ですと生理のたびに子宮内膜ははがれ落ちるので子宮内膜にがん細胞があっても子宮内膜がんは発症しにくくなります。
しかし、生理のある女性でもまれに子宮内膜がんを発症してしまう場合もあり、原因としては生理が不規則な事が挙げられます。
生理が不規則になると、プロゲステロンが充分に分泌されず、子宮内膜がきちんと剥がれ落ちず、子宮体部に残り、そこから子宮内膜がんが発症してしまう場合が多くなります。
ですので、予防対策としては生理不順を放置しないことが挙げられます。

正常に生理があれば毎月子宮内膜は剥がれ落ちますので、生理不順な方は病院に行って適切な処置を行ってもらいましょう。

最後になりますが、子宮内膜がんのセルフチェックの仕方です。
まず、主な症状として『不正出血』があります。
特に閉経後の女性の場合少量の出血が長く続く場合は子宮内膜がんを疑って下さい。
他には排尿時の痛み、骨盤あたりの痛み、性行為の時の痛みなど、痛みが症状として多いです。
子宮内膜がんも初期ですと治療が比較的楽になりますので、気になる症状があれば早めに病院へ行って下さいね。

「子宮の健康」無料メール講座 はじめました!

無料メール講座

子宮の健康」無料メール講座をはじめました。

登録していただくと、全10回にわたり、子宮の健康のためのお役立ち情報が毎日1通、メールで配信されます。
このサイトではお伝えしていない情報ばかりなので、ぜひご登録ください。

ただし、毎月50名様限定での募集です。
以下のリンクをクリックして、登録画面が表示されれば、登録することが可能です。

子宮の役割

子宮の病気とその原因

病気の予防とセルフチェック

病院にかかる場合

その他の気になる子宮の症状

気になる子宮の症状の原因・改善

このページの先頭へ